結婚式の受付の準備に関して

結婚式の受付の準備

結婚式の受付へのお願い

招待状は、結婚式・披露宴を行う日の大体、2ヶ月から2ヶ月半前に列席される方に送ります。まずは、招待状の文面を考えますが、出来上がってから、何部必要かを会場のプランナーさんに伝えなくてはなりません。刷り上がりは3ヶ月ぐらい前となります。また、受付をされる方や乾杯、余興などを依頼する場合、招待状の中にお願いしますという形のものも同封します。もちろん、おめでたいことなので、気持ちよくやってくれるとは思いますが、お電話なり、直接伝えたりなどは嬉しいものです。よって、遅くても3カ月前、これぐらいの時期までには相手方に電話するのが一番ではないでしょうか。準備の時の心遣いも結婚式の成功、満足につながると思います。

結婚式の準備で受付を依頼する

結婚式の準備で忘れてはならないのが、受付を依頼する事です。その時期は、遅くても1ヶ月前までお願いしておかないと急に依頼しては相手の方に失礼になります。受付は、結婚式の顔といわれる一番最初の入口の部分ですからその役割は大きいです。新郎新婦に代わっておもてなしをして頂く人なので、物腰の柔らかい愛想の良い友人にお願いした方がいいです。人と挨拶をしなければいけないので、向いている人と向いていない人がいますので出来るだけ向いている人にお願いした方が安心です。また招待客を案内したり、席次を渡したり、ご祝儀をお預かりしたりするので、信頼出来る人を両家から2名ずつお願いするのが一般的です。

↑PAGE TOP