招待状準備の流れに関して

招待状準備の流れ

結婚式の招待状の準備の流れ

結婚式の準備で大切なのが招待状の発送ですが、個性を出すところでもないのである程度のレイアウトは決まっています。日時や場所、名前など必要事項を修正して発送すればよく、式場スタッフにお願いすると業者に頼んでもらう事が出来ます。参列していただく人数が確定しないと準備が進められませんので、招待状は結婚式の約2ヶ月前、そして返信は遅くとも1ヶ月前にはいただくようにします。最近ではパソコンで印刷する事も増えましたが、封筒の宛名は毛筆での手書きが基本で、書き方もマスターしておかなければなりません。自信がない場合は業者にお願いすればやっていただけますが、人間ですからうっかり間違う場合もありますので、余裕を持ってお願いすると安心です。

招待状はおもてなしの第一歩

結婚式の準備作業には様々なものがありますが、その中でも最も注意したいのが、結婚式の招待状といえます。ゲストを招待するということは、相手にとっては出席のためのスケジュールを調整しただくことや、ご祝儀の準備をしていただくことになるため、その招待状はおもてなしをする第一歩といえ、失礼の無いものにしなくてはなりません。その書き方のポイントとしては、まずは区切るを意味する句読点や、重ね重ねや返すといった忌み言葉は縁起が悪いため入れないようにします。そして、文章はセンターや頭揃えにし、1文字下げての段落は付けないようにします。会場名が英語で分かりづらい場合はカタカナ書きも入れるようにすると良いでしょう。また、封用の宛名と案内状の縦書き、横書きは合わせることがマナーとなります。

↑PAGE TOP